【FPS】AIM時の力(りき)みを解消する3つのヒント【脱力するな】

AIM技術

こんにちは。マウスの持ち方の人です。

  • マウスを持つ手が力んでしまって、AIMができない!
  • 練習ではいい感じだけど、敵を目の前にすると力んでしまう。
  • 手首や腕がマウスパッドに引っかかる感じがして悩んでいる・・・。

マウスを操作する際に力んでしまって、本来の力を発揮できていないと感じる人は多いのではないでしょうか。

そんな人は一度は必ず唱える呪文

「脱力脱力脱力脱力脱力脱力脱力脱力脱力脱力脱力脱力脱力脱力脱力脱力脱力・・・」

結論から言うと、それは今すぐやめましょう。

それでは力み問題を解決できません。

ではどうやったらいいのか、答えはたくさんあるとは思いますが、

今回は特に効果的だと思う3つを解説していきます。

AIMだけではなく、スポーツの際にもチームメイトから

「力みすぎ(笑)」と言われ続けてきた私の秘伝の術をお教えします。

力みの本質

プロスポーツ選手は力を使っていないのか?

AIMをするときに力んでしまうあなたは、必ず最初にこう考えたはずです。

脱力しよう

でも、それはある意味間違いです。

例えば、体の使い方という観点でプロのスポーツ選手を参考にすると、

ホームランを量産する野球選手は力を抜いてバットを振っていますか?

強烈なキックを放つサッカー選手は力を抜いてボールを蹴っていますか?

そんなことはないですよね。

強靭な筋力をしっかりと使ってプレーしています。

要は力の入れ方の問題が本質なんです。

脱力しよう、は今日からやめましょう。

正しい力み方<脱力するな!>

それでは正しい力み方、つまり力の入れ方とは何でしょうか。

それは

可動ポイントを力ませないこと。

わかりやすく説明すると、
手首AIMの人が力んではいけないポイントは可動ポイントである手首ですね。

逆にマウスを持つ部分はある程度(最低限、マウスがブレに程度には)力を入れて持つ方がいいです。

また、マウスも上下左右に動くので、
垂直方向(マウスパッドに押し付けるよう)に力んではいけません。

人差し指や中指の過剰な力みはNGです。

ただし今回は追いAIM、トラッキングAIMについて焦点を当てて解説していきます。

力みを実感する場面はこちらが多いと思いますので。

フリックAIMなどは力みに関してはテンポ・タイミングという要素の影響が大きいです。

こちらはまた別の記事で解説していければと思います。

3つの力みの解決策

3つの力みの解決策
  1. 正しく力む<適切なベクトルとポイントに力を入れる>
  2. 全集中・呼吸の呼吸
  3. 正しい支点でマウスや腕を操作する

1.正しく力む<適切なベクトルとポイントに力を入れる>

正しく力むとは、上にも書いた通り可動ポイントを力ませないことです。

それは分かったけど、じゃあどうすればよいのか?

大切なのは

可動ポイント以外でしっかり力を入れること

では具体的なコツを紹介していきます。

手首AIMでAIM時に力んでしまってマウスが動かなくなる人は力が手首にかっています。

これをマウスの両側面に力を入れるようにすることで、手首が力みずらくなくなります。

個人的には特に親指に力をしっかり込めるイメージがいい感じです。

力み方

体のどこにも力を入れずにマウスをコントロールするのは非常に難しいです。

逆に、可動しないポイントに事前にしっかり力を入れておくことで、
他の部分が変に力みずらくなります。

敵を見つけた瞬間に力んでしまわないように、常にマウスをぎゅっと持ち続けるのも、
力みを解消するのには有効ですね。(手が疲れやすくはなりますが)

あとは

足裏で地面をしっかり押さえつける

というのも上半身が力まない有効な手段です。

自分の動かさないポイントで代わりに力を入れられる場所があればほかのパーツでもOkです。

2.全集中・呼吸の呼吸

鬼滅の刃で流行りましたよね、全集中。

これマジで大事です。冗談ではなく。

あ、でも集中する意識が大事なんではないです!

特にアニメ版を見ている方はイメージしやすいと思うのですが、大事なのは

息を静かに吐き続けること

全集中で呼吸をしましょう

力んでしまっているとき、意識は手に行きがちですが、

あなたはきっとその時息を止めています。

スムーズに体を動かすには呼吸を続けることが必要です。

逆に瞬間的な動作は呼吸を止める方がいいこともありますが。

敵を追いAIMし続ける間、「シューーーー」と息を静かに吐き続けてください。

気が付いたら敵が解けていると思います。まさに伍ノ型 干天の慈雨です。

3.正しい支点でマウスや腕を操作する

本日の4スタンス理論のお時間です。

4スタンス理論とは、生まれつきの骨格から重心の違いを4タイプに分けて捉える理論です。

自分の重心タイプを判定していない方はこちらを参考に自分のタイプを知りましょう。

自分に適した支点を設定せずに操作しようとするときっと無理が生じて力みが生まれます。

例えばA(前側重心)タイプの人が肘を柔軟に動かして振り向こうとするのは安定感が感じられず、悪いポイントに力が入ってしまう可能性があります。

逆にB(後ろ側重心)タイプの人が肘を固定して大きな動きをしようとすると窮屈に感じて正しく力めないことも。

あなたの体にとって適切な可動ポイントと固定ポイントを設定して、
姿勢や配置を決めることで、力みを解消することができます。

この4スタンス理論に基づくおすすめの支点の決め方はこちら記事にて紹介していますので、参考にしてください。

親指の下が擦れちゃう人(力みとは少し別問題)

力み問題とは少し違うかもしれませんが、私が個人的に悩み続けてきた問題として

親指の付け根の辺りがマウスパッドに擦れて、マウスをスムーズに動かせない

という問題があります。

この悩みを抱えている人っているのかな?

こちらを解消することができた方法として2つありますので一応紹介を。

親指の付け根をすらせない方法
  1. つかみ持ち→つまみ持ちにする。
  2. 親指をマウスパッドから数ミリ高い位置持つようにする。

1.つかみ持ち→つまみ持ちにする。

親指下が擦れる要因として、

つかみ持ちにした際マウス後部に圧迫されて、肉がマウス底面よりはみ出るということがありました。

特に力を入れると顕著に脂肪がはみ出て引っかかります。

そのため、つまみ持ちにすることでマウスに親指下が圧迫されず、引っかかりずらくなりました。

でも軽量マウスじゃないとつまみ持ちは指もげます。

2.親指をマウスパッドから数ミリ高い位置持つようにする。

これは1(内側)タイプの宿命か、
親指の側面がマウスパッドに付くくらい低い位置を持ちたいのです。

その結果付け根もマウスパッドに押し付けられてブレーキになっていました。

そのため、不快に感じない程度に(感覚としては2~3ミリ)親指の位置を上にずらすことで
親指下の押し付けが緩和されました。

同じ悩みを持つ人は一度お試しあれ!

まとめ

まとめ
  • 安易に脱力しようは厳禁!
  • 力みを改善するためには、動かさない他のポイントでしっかり力を入れよう!
  • 全集中の呼吸(静かに息を吐き続ける)を意識してAIMしてみよう!
  • 自分に合った適切な支点を設定しよう!

ちなみに本質的な改善ではありませんが、
マウスパッドをさらさらしたものにするというのも効果はあります。

ざらざらしたものや汗の影響を受けやすいものだと、引っかかりを感じてしまい力みの要因になりかねません。

さらさらしていておすすめのものは、ROCCATのSENSEやOdin GamingのZeroGravityですね。

力みを排除し本来のAIMを発揮して、快適なFPSライフを過ごしましょう!

それでは次の記事で!

スポンサーリンク
マウスの持ち方の人

マウスの持ち方に悩み続けるFPSプレイヤーです。スポーツの経験から4スタンス理論を組み込んだ新しいマウスの持ち方理論「マウスの持ち方2.0」を作り上げていきます。当ブログでは生まれつきの最適なマウスの持ち方を解説しています。
更新はTwitterでお知らせしているので、フォロー&通知オンをぜひ!

Follow @mousenomotikata

マウスの持ち方の人をフォローする
AIM技術
スポンサーリンク
マウスの持ち方の人をフォローする
マウスの持ち方ブログ

コメント

  1. より:

    まさしくあなたと同じ悩みを2年間抱えてましたが結局そこに行き着いちゃいますよね。大変参考になります

タイトルとURLをコピーしました